誰もが罹りやすい

カウンセリングしてもらう

事前のサインを知る

現代人を取り巻く社会・価値観・ライフスタイルなどの環境の変化によってうつ病が発症し、精神科で治療を受ける場合には携わるパートナーもうつ病の理解に努め、サポートすることを業界では求めていますが、今後はそのパートナーのサポートに対する動向に注目が集まっています。 これまで精神医療では、病を共に理解して支えることで患者の回復や緩和に繋げてきましたが、うつ病を未然に防ぐためのパートナーの意識を高めることに努める動きが業界では予測されています。 普段の何気ない生活から発信される小さなサインを見逃さなければ、うつ病を発祥することも悩む必要もなくなることから、初期段階から黄色信号までの行動や言動についてセミナーを実施したり、パンフレットを配るなどの1人1人の認識を求める動きが高まっています。

誰もが発症するリスク

うつ病は、発症しやすい体質を持っている方が陥る病ではないことにも注意しておきたい点で、遺伝情報が同じ双子でも半分の確率で発症しないことが解明されています。ですので、片方がうつ病を発症してしまったからといって、必ずしも一卵性双生児のもう1人が同じくうつ病を発症するとは限らないことも理解する必要があります。 ですが気をつけておきたいのが、うつ病を引き起こしやすい刺激によって発症してしまいやすいのもこの病の特徴であり、過重労働や乱れた生活、ストレスフルな刺激の中でのリスクは非常に高いのも理解しておきたい事柄です。 その一方、ありふれた生活環境下でもうつ病を引き起こすことも体質上、起こり得ることも気を付けておきたい点と言え、誰もがうつ病リスクを持っていると言えます。