支える人が出来ること

頭が痛くなる

うつ病に繋がるサイン

うつ病を発症する前の変化は分かりにくいもので、少しずつ行動に変化が現れるため、支える家族やパートナーはサインを見逃さないことで早期発見に繋げられる魅力があります。 うつ病の一歩手前となる時期には、寝つきが悪くなるなどの睡眠障害のサインが現れ、その後、食欲不振が原因となり体重が減量するのも知っておきたい情報の1つで、うつ病では体重が増量することはあり得ないことも豆知識として把握しておきたい事柄です。 またうつ病患者に対し、元気を出して・外に出てみたら等、ストレスなどに対する気分転換を勧める言葉は控え、1人1人の自発的な気持ちに賛同することも精神面を安定させるために必要で、支える側が知っておきたい情報となります。

双方の負担を軽くできる

うつ病は本人だけではなく家族やパートナーも巻き込むため、工夫次第で支える家族も本人も心身的にラクになれるメリットを得ることができます。 例えば、うつ病に苦しむ気持ちを支えるための責任感から強い押し付け態度を取ってしまうのが支える側の行動ですが、聞き入れて受け流すことができる協力者として支えることが重要です。うつ病患者は胸の内を聞いてもらえることで安定を図るため、家族はまず聞いてあげることがポイントとなります。 聞き入れた後、やってあげることで家族は負担を強いられているのが現状であり、本人は聞いてもらえるだけで安心できるので、あえて行動に移らない方法を取る工夫で双方の負担は軽くなり、長い目で見守る協力者となることがポイントです。