本気で向き合うために

顔がかさつく

症状で治療も異なる

うつ病には軽度から重度までの症状があり、体質や生活環境によって1人1人の症状に違いが生じるのもうつ病の特徴で、知っておきたい情報としては精神的と身体的で異なる治療法を用いるという点です。 例えば、精神的にストレスを受けやすい場合には、精神療法からアプローチすることが必要となり、症状が重度である場合には抗うつ薬による治療も取り入れられています。うつ病患者には一般的に抗うつ薬治療が提案されていますが、知っておきたい情報としては軽度となる症状の場合にはこうした抗うつ薬などの薬物療法による効果が感じにくい場合があるという点です。 本当に薬物療法が必要であるのか、セカンドオピニオンによる見解も時と場合には必要と言えます。

他の見解も視野に入れる

うつ病の症状には気分が落ち込み、何に対してもやる気や喜びを感じにくくなり、命さえも不要とする言葉が頭に過る場合もあるほど、安易に考えてはならない病気です。 うつ病の治療を進める上で、症状が緩和しなかったり治療を行う精神科や心療内科に不安を持ってしまう場合、セカンドオピニオンという工夫により、こうした悩みが解消できるメリットを挙げることも可能です。 例えば、うつ病の治療に関する疑問に主治医が曖昧な態度を取る場合や、治療薬が合っているのか疑問である場合、他の専門家の意見を聞くことが望ましいと言えます。うつ病の知識を持つ複数の専門家の意見を聞くことにより、納得のいく判断ができ、本人も支える側にもメリットとなります。