うつ病とは

カルテを持っている

うつ病に関する最新情報や役立つ知識がコチラに満載です。|うつ病サプリ

曖昧な理解に注意

うつ病という言葉自体、珍しいものでは無くなり、現代社会において発症率が高い病気になってきているのも現状で、それに伴い精神科や心療内科といった医療施設の敷居も低いものになっています。 うつ病とは一般に気分的障害となる精神障害であり、症状には精神と身体症状の両方が現れ、思考制止や食欲不振などの自律神経のバランスの崩れが中心となります。 ここで注意したいのが、うつ病の理解が深まるにつれて病気自体を曖昧なものに捉えている方が急増している点にもあります。近年ではちょっとした気持ちの浮き沈みとなる精神的失調を鬱状態と思い込む方も非常に多く、精神的病と言えるものなのか改めて整理し、うつ病の症状を理解した上で対策とした精神科などを受診することが求められています。

再発リスクもある

現在、発症率が高まっているうつ病ですが、調査によると日本人の約100万人の方々がこの精神障害に悩まされている現状が挙げられています。豆知識としては、男女比では2対1の割合で女性の発症率が高い傾向にあり、平均的な発症年齢は40歳です。 さらにうつ病は、10代から20代の若い世代の発症率も年々増加傾向にあり、幅広い年代の男女にリスクがある精神障害とも言えます。また、早期発見や治療では精神科を受診しますが、うつ病には反復期間があり、一度発症してしまうと再発のリスクがあることも知っておきたい病の情報です。 病を理解した上で再発させないためには生活リズムを安定させる生活習慣の見直しが何より重要であることも知っておく必要があります。

曖昧な理解に注意

うつ病という言葉自体、珍しいものでは無くなり、現代社会において発症率が高い病気になってきているのも現状で、それに伴い精神科や心療内科といった医療施設の敷居も低いものになっています。 うつ病とは一般に気分的障害となる精神障害であり、症状には精神と身体症状の両方が現れ、思考制止や食欲不振などの自律神経のバランスの崩れが中心となります。 ここで注意したいのが、うつ病の理解が深まるにつれて病気自体を曖昧なものに捉えている方が急増している点にもあります。近年ではちょっとした気持ちの浮き沈みとなる精神的失調を鬱状態と思い込む方も非常に多く、精神的病と言えるものなのか改めて整理し、うつ病の症状を理解した上で対策とした精神科などを受診することが求められています。

再発リスクもある

現在、発症率が高まっているうつ病ですが、調査によると日本人の約100万人の方々がこの精神障害に悩まされている現状が挙げられています。豆知識としては、男女比では2対1の割合で女性の発症率が高い傾向にあり、平均的な発症年齢は40歳です。 さらにうつ病は、10代から20代の若い世代の発症率も年々増加傾向にあり、幅広い年代の男女にリスクがある精神障害とも言えます。また、早期発見や治療では精神科を受診しますが、うつ病には反復期間があり、一度発症してしまうと再発のリスクがあることも知っておきたい病の情報です。 病を理解した上で再発させないためには生活リズムを安定させる生活習慣の見直しが何より重要であることも知っておく必要があります。

  • 誰もが罹りやすい

    カウンセリングしてもらう

    これまでうつ病は発症してからの治療や家族のケアによって回復を望んできたものの、発症させないサインを周りが気付くという信号の理解を得ることが重要視されています。誰もがうつ病のリスクを持っているのです。

    Read more
  • きちんと治療

    大きな病院

    うつ病は、放置しておくと悪化してしまうケースも多いですので、きちんと治療をしていくようにしていきます。また、症状についてきちんと把握しておく事によって、早期に発見できる可能性が高まってきます。

    Read more
  • 支える人が出来ること

    頭が痛くなる

    うつ病は本人も辛いものですが、支える家族も同じく辛いため、双方が無理することなく楽な気持ちで症状と向き合う工夫も必要で、気持ちを汲んで欲しい側と汲み取る側の意思の疎通も重要となり、早期回復にも繋げられます。

    Read more
  • チェックとアドバイス

    困っている女性

    憂鬱な気持ちは時として命に関わる結果に繋がる場合もあるため、うつ病か否かの精神チェックを行う一工夫により、早期発見に繋げられたり、うつ病という言葉や症状を普段から意識できるメリットがあります。

    Read more
  • 本気で向き合うために

    顔がかさつく

    うつ病は薬物療法によって症状を改善させるのが一般的であるものの、1人1人で症状は異なるため、治療方針や医師とのコミュニケーションなどに難色を見せる場合には、他の意見と比較して治療を進めることも必要です。

    Read more